柔道整復学科のお知らせ詳細
重要なお知らせ 治療院のご案内

柔道整復学科のお知らせ詳細

卒業生の今!小栗康誠先生

卒業し資格取得後、大田区南蒲田にある斉藤接骨院に勤務して6年目に入りました。斉藤院長をはじめスタッフからの指導や患者さんからの支えにより、数年前より院長代理の職に就きました。接骨院という臨床の現場で柔道整復師に求められることは、多岐にわたります。骨折や捻挫などのケガに対する処置能力だけでなく、ケガや病気を未然に防ぐ予防医学の知識や技術。また早期に社会復帰させる為のリハビリに関する専門知識などなどです!中央医療学園に在学中にそれらの実践的な事柄をたくさん学びました。現場に立ってからあらためて、中央医療の先生方に感謝しているくらいです(笑)。 
写真は当接骨院で月2回行っている、高齢者の方々を対象とした、転倒予防の機能訓練の様子です。皆さんとっても熱心で溌剌(はつらつ)とされています。私たち柔道整復師の役割は、この写真のように、患者さん一人ひとりの健康に携わり、笑顔を引き出すお手伝いをすることではないでしょうか。当然の事ですが、皆さんの健康状態は日々変化をし、一様ではありません。ですからその度に適切な対応が求められることとなり、肉体的にも精神的にも大変なこともあります。しかし、写真のように皆さんの笑顔に触れると疲れなど吹き飛んでしまいます! おかげ様でとっても充実した日々を送っています。」
接骨院のホームページはこちら。⇒http://www.bunkyou2000.com/index.html





柔道整復師の資格取得を考えている方、毎週土曜日に「土曜見学会」を行っていますので、ぜひ一度ご参加下さい。まずは、お気軽にお電話して下さい。