柔道整復師とは?
治療院のご案内

柔道整復師とは?

柔道整復師とは、骨折、脱臼、捻挫、打撲や、筋肉や腱など軟部組織の損傷に対して柔道整復の施術を行うことができる国家資格で、「接骨」「ほねつぎ」として一般に広く知られています。これらの施術は、西洋医学では整形外科の領域ですが、医師以外では柔道整復師のみが行うことを認められています。健康保険が扱えるほか、独立・開業のできる国家資格として、社会的にも高く評価されている職業です。
柔道と柔道整復について
柔道整復術はその名のとおり、武術から生まれた医療技術であり、日本古来の伝統医学です。柔道のなかでも負傷者を助ける「活法」が伝承され、日本古来の伝統医療として発展してきました。かつて柔道家は、その多くが整骨・接骨を生業としていました。柔道と柔道整復は切っても切れない関係にあり、柔道整復の勉強には、礼に始まり礼に終わる武道としての柔道の素養も不可欠なのです。柔道整復術は日本の近代化とともに、西洋医学の理論とも融合しながら活躍の場を広げ、現在では世界的にも認められています。

柔道整復師として活躍できるフィールド

世界の注目を集める柔道整復術 さらに推進される「医接連携」 介護の分野でも貢献 トレーナーへの道も