鍼灸師とは?
治療院のご案内 教員募集フォーム

鍼灸師とは?

鍼灸師とは、鍼(はり)、灸(きゅう)の一定の方式に従って起こる効果的な生体反応を利用し、生活機能の変調を矯正し、保健および疾病の予防または治療に広く応用する施術を施す「はり師」「きゅう師」という国家資格です。経穴の働きや仕組みを熟知し、患部(部分)に対して施術をするのではなく、その症状を発症させた背後にある人体の因果関係にさかのぼって根本施術をする治療法です。また、独立・開業が出来る国家資格として、注目の職業です。
「鍼」と「灸」について
鍼や灸は、二千年以上前に中国で生まれた伝統的医療です。「気」を全身に循環させる道を「経絡」、からだの表面と経絡が繋がっている箇所を「経穴」(いわゆるツボ)といいます。金属製の鍼とヨモギから作るモグサを用いて患者の症状に応じた経穴(ツボ)に鍼や灸を施します。自然治癒力を高めることで、病気の予防という観点からも効果的です。さらに、痛みを鎮める効果、末期癌やエイズ患者のQOL(生活の質)の向上など、西洋医療の現場でも広く応用されています。

鍼灸師として活躍できるフィールド

世界から期待が寄せられる鍼灸 鍼灸師の資質として求められるもの 「統合医療」の柱として注目 スポーツ、介護、美容の分野でも
NULL