卒業生インタビュー3
重要なお知らせ 治療院のご案内

卒業生インタビュー3

西脇政子さん 鍼灸師/東京有明医療大学大学院保健医療学研究科院生 鍼灸学科(夜間部)2008年卒業

西脇さんへ質問!

  • 中央医療学園専門学校に入学を決めた理由は?
  • 元々、夫が東洋医学に興味を持っており、もっと本格的に学びたいという理由から、本校への入学を誘われました。学ぶうちに鍼灸の奥深さを知り、より専門的に研究したいと思うようになりました。
  • 在籍中の1日はどのような感じでしたか?
  • 親子ほど年齢が離れていましたが、和気あいあいとした雰囲気の中、国試に向けてみんなで協力し合いながら勉強をしていました。また、先生との距離が近く、相談しやすい環境でもありました。
  • 研究者への道を選んだ理由は?
  • 本校在籍中にグループで研究発表をする機会がありました。あるテーマについて複数のメンバーが協力し合い、発表内容をまとめていく作業が、思いのほか楽しかったのです。人を治療するには2通りの方法があると考えています。ひとつは、現場で直接治療にあたる方法。もうひとつは、治療技術をよりよいものに変えていくための研究をする方法です。私の場合は研究者として、鍼灸の世界により有益な情報を提供し、それが臨床現場で役立つことを望んでいます。
  • 学校で学んだことで今も役立っていることは?
  • 本校卒業後、国家試験にも無事合格できました。志望していた大学が新設校だったこともあり、編入制度はなく、1年生からのスタートでした。当然、本校で学んだことの復習になりますが、本校で鍼灸の知識と技術を基礎からしっかり学べたことは一生の財産だと思います。特に、実技においては、細かく丁寧な指導を受けていたことを実感しました。
  • 今後の目標は?
  • 大学2年生の時、全日本鍼灸学会学術大会(学生ポスターの部)において、鍼電極低周波治療器の汚染状況調査を発表し、優秀賞をいただきました。現在は「円皮鍼」をテーマに卒業論文に取りかかっていますが、今後も研究を続けたい想いが強くあります。
  • 入学を考えている方に一言アドバイスを!
  • 本校なら鍼灸の基本から知識や技術を深く理解できます。独立・開業の夢もありますが、研究者としての道もあるので、色々と考えてみてください。
鷲見 弘 さん 鍼灸師 JSKカイロプラクティック院長鍼灸学科(夜間部)2005年卒業 慶応義塾大学出身

鷲見 弘 さん

鍼灸師 JSKカイロプラクティック院長

鍼灸学科(夜間部)2005年卒業
慶応義塾大学出身

年齢のこともありますが、鍼灸は体力が衰えても続けられる仕事です。無理のない範囲で治療を続けていきたいと思います。

続きを読む
山崎さんの開業・独立までのステップ
國友誠さん 鍼灸師/理学療法士 鍼灸学科(夜間部)2008年卒業

國友 誠さん

鍼灸師/理学療法士

鍼灸学科(夜間部)2008年卒業

理学療法士として病院で働いているうちに、独自に人のために役立ちたいと思ったこと、それには開業できる資格の取得が必要でした。

続きを読む
國友さんの開業・独立までのステップ
西脇正人さん 鍼灸師/中央医療学園専門学校附属 鍼灸治療院 研究生 鍼灸学科(昼間部)2009年卒業

西脇 正人さん

中央医療学園専門学校附属
鍼灸治療院 研修者

鍼灸学科(昼間部)2008年卒業

チベットの医学に興味を持っていたので、鍼灸のことを本格的に学びたいと考え、本校への入学を決めました。

続きを読む
研究者へのステップ