新着情報 | 記事詳細
治療院のご案内 教員募集フォーム

新着情報 | 記事詳細

鍼灸学科 卒業生インタビュー

中央医療学園専門学校 鍼灸科 北川裕基先生(北川鍼灸治療院)
 
  • 現在のお仕事は?
歩行困難になった患者様の自宅へ訪問し、保険治療を行う訪問鍼灸をメインとした北川鍼灸治療院を経営しています。
 
  • 鍼灸師になったきっかけは?
大学卒業後に健康運動指導士の資格を取得し、茨城県にある総合病院併設の健康増進施設(指定運動療法施設)に勤務していたのですが、大学生時代に受けた鍼灸の体験が衝撃的で、治療家になろうと思いました。当時はレスリングの選手としてケガをすることも多かったのですが、どこの病院に行ってもケガの痛みが取れなかったときに鍼灸と出会い、鍼灸の治療で痛みが消えた驚きが今でも忘れられません。
 
  • 中央医療学園を選んだ理由は?
茨城県から仕事をしながら通学しなければならず、常磐線沿線の学校の中で選択しました。
 
  • 中央医療学園に入学して良かったことは?
先生の講義がとても分かりやすくて面白かったです。暗記に偏りがちな解剖学などの講義も興味がわくように授業構成がされ、実技も実践的で役立つものが多かったです。
 
  • 鍼灸師になって良かったことは?
求めるよりも求められる存在になったことが一番大きかったです。健康運動指導士の時は施設に来られたご利用者様に対して機能訓練を行うのですが、体調により通えなくなる方もいらっしゃいました。鍼灸師となり、そのような方には自宅に訪問し、治療できるようになったことがとても嬉しかったです。また、訪問鍼灸として療養費を自費だけではなく、保険で対応できるようになった点はとても大きいです。
 
  • 鍼灸師を目指す人たちに伝えたいこと
鍼灸師は、スポーツ、美容、高齢者医療、フィットネスなど限りなく活躍できる場があります。自分の得意分野など進みたい進路を決めて鍼灸のすばらしさを広めてほしいと思います。
 

 北川先生①.jpg